タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

メロン「ころたん」の苗を都合ですぐに植え付けることができず、3週間以上たってしまいました。つるは細く伸びて、葉が黄色くなってしまいましたが、このような苗でもこれから植え付けて果実を付けることができるのでしょうか。

ポット苗のまま葉が黄色になるほど置き過ぎてしまうと、いわゆる老化苗になってしまい、そのまま畑やプランターに植え付けても新しい根が伸びにくく、その後の生育もうまくできません。このような場合は、一度直径12cmくらいの一回り大きめのポットに植え替えて、しっかり新しい根を張らせてから定植した方がよいでしょう。
大きめのポットに植え替えるにあたり、植え替え前にポットのまま薄めの液肥の希釈液にどっぷりつけます。液肥は「ネイチャーエイド 有機の液肥」なら500倍希釈、「ハイポネックス(R)」などなら1000倍希釈がよいでしょう。吸水後、ポットの底で絡まった根をほぐして丁寧に植え付けます。
葉色が緑に回復して新芽が伸びだしたら畑やプランターに植え付けますが、定植後も「鉄力あくあ」や「メネデール(R)」などの発根を促す活性材を1週間おきに2~3回水やり代わりに与えるとよいです。時期的な遅れは気にしなくてもよいので、あまり早くには着果させず、子づる10節以上での着果を心掛けるようにします。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.