タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

キャベツ「みさき」を3月上旬まきで作り、予定通り6月下旬に収穫できたのですが、収穫を始めて1週間が過ぎたら、次々に球が割れてきてしまいました。肥料が多過ぎたのでしょうか。

「みさき」はタケノコ型キャベツといわれ、頭の先のとがった独特の球の形をして、約1.2kgの小型の球ながら、柔らかい肉厚の葉で甘みがあり、生食に向いたおいしいキャベツです。本葉3~4枚で植え付けた後、約55日で収穫になる極早生の品種ですので、収穫が遅れると結球が進んで硬く締まり過ぎてしまい、さらに遅れると球がはじけて割れてしまいます。
こうなると味も落ちてしまうので、結球したら早めに収穫を始めて、採り遅れないようにします。特に春まきでは気温が上がるに従い、一挙に成熟が進むので気を付けないと知らないうちに割れてしまったということになります。肥料も気温の低いうちは元肥の効きだしが遅れるので、追肥が多過ぎると余計に割れやすくなります。あまり一度に作り過ぎないよう、食べる量に合わせてタネまき、定植の時期を何回かにずらすのも一考です。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.