タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ニンジン「ベーターリッチ」のタネは白いコート種子になっています。まき方で気を付けることはあるのでしょうか。

「べーターリッチ」はペレット種子(ペレットシード、PS)といって、天然の鉱物の粉を組み合わせてタネの周りに団子状に固めた加工をしてあります。単純に大きな粒にしてまきやすくしたほか、大きさもそろえて丸くすべすべにし、播種機を使って大面積に正確にまけるようにしています。ペレットの粉が水で溶けて発芽する芽にまといつくのを避けるため、白い団子はとろけずに2つに割れて芽を出すよう細かい工夫も施されています。特殊なまき方が必要なわけでなく、普通のタネとまき方は同じです。

7~8月まきでニンジンをうまく発芽させるには、適当な水分を保つことと、できるだけ地温を下げてやることが大切です。タネまきは15時以降の夕方に、前もってたっぷり水やりをして地温を下げてから行います。ペレットの白さが見えない程度に覆土します。乾燥防止に切わらなどを敷くとよいのですが、おすすめは市販のバーミキュライトを使って覆土すると、保水性と通気性、断熱性を併せ持っており、発芽しやすくなります。たっぷり水をかけた後、日よけと乾燥防止を兼ねて不織布のトンネルをしておくと完璧です。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.