タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

キュウリ「さつきみどり」がおいしいので毎年作るのですが、べと病とうどんこ病に悩まされます。よい防除法はないでしょうか。

「さつきみどり」はべと病には比較的強い品種ですが、6~7月にかけて収穫が進んでくるとどうしても発生が多くなります。べと病が発生しやすい時期は、気温があまり高くなりきらない20~24℃で雨の多い多湿条件のときです。ちょうど梅雨時期にあたり、キュウリの収穫量も増えて株の勢いも弱まってくるころになります。予防法としては混み合ったつるを整理し、余分な葉を摘み取って、日当たり、風通しをよくして、着果が多過ぎるようなら摘果して株の負担を軽くしてやります。

うどんこ病はべと病に比べてやや遅い時期に、比較的温度の高い乾燥した条件で発生しやすくなります。どちらも病気が広まってしまったら、それぞれの登録薬剤での防除に頼るしかありませんが、病葉は摘み取って、下葉を中心に葉の表裏に十分薬をかけるようにします。早めの防除が何より効果的です。うどんこ病については、最近「うどんこ病に強いキュウリ」や「フリーダム」など特異的に強い品種ができています。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.