タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

昨年6月に収穫した「キタアカリ」をタネイモにして秋ジャガを栽培しましたが、芽が出ませんでした。買ったタネイモではなかったからでしょうか。

ジャガイモはウイルス病に感染しやすく、病気になると茎葉が萎縮して、収穫量が激減します。感染していない無病のタネイモを購入するのが一般的ですが、発病も覚悟して自家栽培したイモを植え付けることもできます。感染したイモでも発芽はします。

ジャガイモには休眠期があり、休眠期間は品種によって異なります。秋植えには休眠の浅い「デジマ」や「ニシユタカ」などの品種が使われます。「キタアカリ」は「男爵薯」の系統ですが、「男爵薯」よりは休眠がかなり浅く、秋植えで全く発芽しないということはありません。昨年「キタアカリ」が発芽しなかった原因は、おそらくタネイモが土の中で腐ったのでしょう。

秋ジャガの植え付けは8月下旬で、春ジャガの植え付け期である3月上旬と違って、地温がとても高い時期です。そこに雨が降るとタネイモが腐る危険性は高まります。秋ジャガは切って植え付けると余計に腐りやすくなるので、できるだけ切らずに丸ごと植え付けましょう。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様相談室

TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル)
TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル) ※番号はお間違えのないようにお願いいたします。
【受付時間】9:00~12:00、13:00~16:00
土・日・祝日、年末年始、当社休業日を除く

※音声ガイダンスにしたがって、2番を選択してください。
※受付時間は、諸事情により予告なく変更する場合があります。
※お電話によるご注文はお受けしておりません。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.