タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

パンジー「よく咲くスミレ」を学校の花育活動として育てています。タネとタネまき用トレー、用土、ポットを支給されました。タネまきはどのように行えばよいでしょうか。

タネまき方法は、タネまき用トレーの縁までタネまき用土を入れて、板や手のひらで3mmほど軽く鎮圧して平らにならします。タネを1カ所2粒ずつまき、トレーの縁の高さまで3mmほど土を入れて覆土をします。もしできるならこの覆土にバーミキュライトを使うと断熱性があり、まだ残暑のこの時期、土の温度を多少低く保てます。水やりは目の細かいジョウロで行います。日陰の雨の当らないところで、土が乾かないように管理すると7~10日で芽が出てきます。その間、土・日曜日など学校が休みの日がありますね。その日だけ新聞紙でトレーを覆うと乾燥が多少抑えられます。芽が出てからは、土の表面が少し乾いてから水やりをして、徐々に日に当てるようにしてください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.