タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

テッポウユリを庭に植えて2年目です。植え替え時期、場所を教えてください。また苦土石灰を消毒のために散布した方がよいでしょうか。他にもスカシユリの植え方を間違えて球根が地上に出てきています。鉢植えのアマリリスは球根が大きくなり、分球している可能性もあります。どうすればよいでしょうか。

テッポウユリは2回花を見たら(同じところで2年咲かせたら)土に老廃物がたまるので、植え替えをした方がよいです。今の時点では花後のお礼肥をやって、葉が自然に枯れるまで置いてから植え替えます。植え場所を変えない場合、球根に病気などが発生していなければ、完熟堆肥や腐葉土をすき込んで植え付けます。それでも自生地のような水はけのよい山の斜面とは異なり、平地の庭ではユリの根から出た老廃物が土にたまるので、できれば植え場所は変えた方がよいです。苦土石灰については植物により適、不適があります。石灰はアルカリ性です。ユリは土がアルカリ性になってしまうと育たなくなりますから適しません。また苦土石灰には病害虫の防除効果はありません。病害虫防除ではユリまたは花き類に登録のある殺虫殺菌剤を使います。

球根が地上に出ているスカシユリについては、今すぐに土を盛って球根を埋めてください。そして晩秋に葉が枯れてから植え直しをした方がよいでしょう。

アマリリスの鉢植えは基本的に毎年、植え替えます。分球していれば大きな球根は同じ鉢に、他の小さな球根は別の小さめの鉢に植え替えをした方がよいでしょう。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.