タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

以前にもヤマユリを植えましたが、1~2年で駄目になりました。今秋も球根が届きましたが、冬は球根が寝ているので、芽が動く春に植えた方がよいでしょうか。鉢はラン用深鉢が使えますか。用土は赤玉土6、腐葉土4に砂を少し混ぜた方がよいのではないかと思います。肥料は何がよいでしょうか。鉢の置き場所は家の南側しかありません。

ヤマユリは球根の上の茎から出る上根が横に伸びます。これが肥料を吸いますが、ラン用深鉢は口径が狭いので根が伸びきれないと思われます。ユリを植えるなら一般的な深鉢の方が口径が広くてよいです。

ユリの球根はチューリップのような茶色の皮がなく、裸のため乾燥に弱いです。植え時期が春ではそれまでに球根が乾燥してしまいます。球根がフレッシュな今の時期に植えて、冬季に根を十分に伸ばすようにしてください。用土は赤玉土と腐葉土に少し砂を入れても構いません。冬季に不用意に乾燥させないよう、表面に腐葉土で3cm程度マルチングをするとよいです。

指や割り箸で鉢土の乾燥具合を確認し、鉢土が乾いてきたら、昼近い午前中に水やりします。元肥として「マグァンプ(R)K」であれば、鉢土によく混ぜ合わせて使うことができます。来年、芽が出たころに、置き肥や液肥を与えてもよいです。その場合、ヤマユリはデリケートな野生種のユリなので、化成肥料よりも安全な「ネイチャーエイド 有機の液肥」などをおすすめします。

置き場所は秋~春は家の東~南側でよいですが、初夏になり、温度が高くて日照が強くなったら明るい日陰に移してやりましょう。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.