タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ソラマメのアブラムシを除去するのに、茎の先端を切除するとよいと聞きました。先端にも花が咲いているので、減収になるのでは。

ソラマメは春先にアブラムシが大量発生することがあります。アブラムシは群生して吸汁し、株を弱らせるばかりでなく、ソラマメモザイク病やソラマメ黄化病などのウイルス性の病気を媒介します。これらの病気になると、葉が縮み、大きな実が採れなくなります。

アブラムシはキラキラ光るものを嫌うので、シルバーやシルバーストライプのマルチをしますが、完璧には飛来を防ぐことはできません。見つけ次第、軍手をはめた手で払い落とせばアブラムシは死にます。または、アブラムシごと茎の先端を摘んで、持ち出し処分します。家庭菜園ではできるだけ農薬は使用したくないので、安全なデンプン剤などを散布する方法もあります。

アブラムシは柔らかい茎の先端に付くので、株の約70㎝以上のところをバッサリ切り落とすことも防除に有効です。株の上部に咲く花は無駄花が多く、収穫には至りませんので、減収の心配はありません。上部の無駄花に栄養が行かなくすることにより、その分下部に付いていた実が大きくなります。株の上部を切ることにより、倒伏の恐れも軽減します。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.