タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

サンパチェンスの苗を5株買いました。大鉢に植えてコンクリートの上に置いて管理しています。2鉢は花が茶色になり、葉も傷み、茎がとろけているものもあります。液肥はあげています。元気な3鉢は日なたに移動しました。問題の2鉢をどうすればよいですか。

梅雨明け後の急な気温の上昇で株が疲弊し、代謝がうまくできていないのでしょう。このようなときは、一般的な化成肥料を与えても代謝・活用ができません。もう少し株を休ませましょう。
コンクリートの上にレジャーシートのようなものを敷いてください。鉢とコンクリートの間の熱を遮断し、赤外線の反射を減らしたいものです。

それから、根に力を付けましょう。園芸通信オンラインショップまたはサカタのタネ通販カタログで取り扱っている根の活力剤「鉄力あくあ」や、園芸店やホームセンターで販売している「メネデール」もおすすめです。その希釈液にアミノ酸主体の機能性液肥「ネイチャーエイド」を1000倍希釈になるように加えて、混合液を作ります。これを週に2度、3~5回与えてください。体内に酵素などができて、植物代謝が活発になると、目に見えて葉色も生き生きしてきます。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.