タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

サトイモは病害虫に強いと聞いていましたが、葉がボロボロになるまで食べられています。害虫の名前と対処法を教えてください。

サトイモは病害虫の被害が少ない作物ではありますが、セスジスズメやハスモンヨトウの幼虫(イモムシ)の食害を受けることがあります。

セスジスズメの幼虫は6月ごろに発生し、体色は黒色、褐色、黄緑色などさまざまで、体側に黄~赤色の円紋が並び、お尻には角のような突起物が1本あります。
卵の色は薄緑色で、葉裏に1個ずつばらばらに産み付けられます。株元にふんが落ちていたら、幼虫がいる可能性があります。家庭園芸用農薬には登録農薬がないので、見つけ次第捕殺します。

ハスモンヨトウの幼虫は夏の終わりごろに発生し、体色は灰緑、暗緑、黒色などさまざまで、頭部後方に一対の黒紋があるのが特徴です。成虫は数百個の卵を塊で葉裏に産卵します。孵化(ふか)したての幼虫は、葉裏に群生し食害するため、葉が白く透けた状態になります。葉裏の幼虫の集団を見つけたら、被害葉を切り取り、持ち出し処分します。幼虫が脱皮を繰り返すごとに、食害の量は増加します。老齢幼虫になると葉を食い尽くして分散するので、その前に捕殺します。家庭園芸用農薬には登録農薬(ベニカ(R)S乳剤など)がありますので、使用するのも一つの方法です。

サトイモは、葉が食い尽くされても、また新しい葉は出てきますが、イモの肥大に影響して、収量が減少しますので早めに対処します。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.