タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

家庭菜園を始めて、春にハクサイの「とう」を食べる喜びを知りました。おいしい「とう」を秋にも食べる方法はありますか。

ハクサイの「とう」を食べられるのは、家庭菜園の醍醐味(だいごみ)ですね。
ハクサイなどアブラナ属の野菜は、冬の間、一定の寒さにあうことで花芽ができ、春の暖かさで花茎が伸び始め、とう立ちするので「とう」は春だけ楽しむことができます。そのほかのアブラナ属の野菜もハクサイと同様ですが、「とう」は食べるだけでなく、菜の花として観賞用にもなります。

ちなみに、秋に「とう」を楽しむには、低温要求度が低いアブラナ属の野菜がおすすめです。オータムポエムや紅菜苔(コウサイタイ)などありますが、特におすすめなのはハクサイの仲間であるハナナです。ハナナの「早陽一号」(極早生)は夏の終わりにタネまきすれば、秋から長い間収穫することができます。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.