タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ハクサイは冬の野菜ですが、寒さで葉が傷んできました。コマツナやホウレンソウは青々しているのに、なぜでしょうか。

ハクサイがコマツナやホウレンソウと大きく違うのは、結球する野菜であることです。ハクサイは発芽後、まず外葉が発達し、光合成を行い、その養分が内部の結球葉を作ります。
コマツナやホウレンソウと比べ栽培期間が長いので、外葉が老化します。また、冷たい外気にも直接触れているので、霜などで傷みやすくなります。
外葉は傷みますが、中の結球を守る役割をしてくれます。

極早生、早生、中生の品種を使用し、年内どりをすれば、外葉が傷むことは少ないです。
晩生種で越冬どりをする場合は、寒害を受ける前の12月上旬から中旬に、外葉をヒモで鉢巻のようにしばり、結球を守ります。
短期間の貯蔵なら、収穫した株を新聞紙で包んで屋内の冷暗所に置いておけば、約1カ月持ちます。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.