タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

サンパチェンスがよく咲きましたが、11月下旬より次第に元気がなくなってきました。来年も同じ株で楽しむことはできるのでしょうか。

がんばって夏から秋まで咲いたので、また来年も咲いてもらいたいですよね。ですが、サンパチェンスは基本的に一年草扱いです。寒さとともに枯れます。越冬の最低温度は10℃以上で、室内でも夜にこの温度を確保するのは難しいです。
また、その越冬試験は当社の農場の温室で行いましたが、翌年春には大株になり過ぎてしまい、植え替える大鉢が園芸売り場にないのです。プラスチックのおけの底に穴を開けたものや、公園に置くようなテラコッタでは重た過ぎます。

もう一つの問題としては、植物の越冬と同時に古株や土で病害虫も越冬してしまいます。春になって他の健全な株にも伝染の恐れがあるので、古株を越冬させるのではなく、来春に新しい苗をお求めになることをおすすめします。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.