タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

アスターの種袋の説明書きに「種まきの翌日に水をかける」と書いてありましたが、どうしてでしょうか。昨日土を入れて水をかけ、今日種をまいたところです。例年4月にまいて8月上旬に咲いてきます。昨年秋の彼岸に切り花を採るつもりで1カ月遅らせて種をまきましたが、お盆過ぎに草丈が伸びないで花が咲いてしまいました。

アスターの種は呼吸に特性があります。前日に水をやって種まきすると、土の中に空気が十分含まれているため、種が呼吸でき、よく発芽します。種まき直後に水をかけると、酸素不足となってしまうため、発芽不良となってしまいます。

アスターは短日開花性で、夏至以降に日が短くなってくると、開花が促進されます。そのため、種まきを1カ月遅らせても、7月から日々少しずつ日長が短くなるため、草丈が伸びないで早く花が咲いてしまいます。お彼岸に開花させるには電照で日長を長くする必要があります。そこに気温も関係するので、電照をつける時期、切る時期に各産地の経験の積み重ねがあります。一般的には7月から夕刻に4時間くらい電照します。採花(秋彼岸)1カ月前に消灯して短日を感じさせ、花芽を持たせて咲かせます。

失敗しない栽培レッスン

アスター

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.