タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

昨年9月にカンパニュラの「チャンピオン」と「カップアンドソーサー」を種まきしました。「チャンピオン」は今年の5月にきれいな花が咲きましたが、「カップアンドソーサー」は葉が茂っているだけで、6月になってもまだ花が咲きません。どうしてでしょうか。

カンパニュラは元々、寒くなる前に大きく成長した株が、冬の寒さに当たって花芽を分化する性質があります。この花芽が春に日が長くなり暖かくなってくると、成長して花が咲きます。寒くなる前に一定の大きさに育っていないと、冬の寒さに当たっても花芽ができません。そのため、「カップアンドソーサー」は5~6月に種まきをして、大きく育てる必要がありますが、9月まきでは寒くなる前に十分に大きくなっていなかったために、冬の寒さに当たっても花芽ができなかったのです。

「チャンピオン」はサカタのタネが品種改良を行って、冬の寒さに当たらなくても花芽ができるように改良した品種です。そのため今年の春は「チャンピオン」は花が咲いたのに、「カップアンドソーサー」は花が咲かなかったのです。今年は花が咲かなかった「カップアンドソーサー」も、このまま育てると来年の春には、大きく育っているのでたくさんの花が咲くと思われます。

失敗しない栽培レッスン

カンパニュラ

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.