タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ウンシュウミカンにカイガラムシが付いたので手で捕れるだけ捕りましたが、その後はどうすればよいでしょうか。葉の裏に小さな白い虫も付いています。

カイガラムシは、歯ブラシのようなものでこすって取り除くのが簡単です。その後はベニカ水溶剤などを散布してください。カイガラムシが付くと直接的な被害として、吸汁されることで生育が悪くなります。間接的被害としては、カイガラムシの排せつ物の上にすす病が発生して葉が黒くなり、見た目がよくないほかに、光合成を妨げられて生育が悪くなることもあります。
カイガラムシの体はロウ質の物質で覆われていて、薬剤をかけても浸透しにくく、効果が出にくいものです。越冬期間中の幼虫はロウ質が薄いため、12~1月ごろにマシン油乳剤を散布すると効果的です。

葉裏の小さな白い虫はコナジラミ類と思われます。これもベニカ水溶剤などを散布してください。コナジラミ類もカイガラムシと同様に、吸汁により生育不良となる直接的被害と、排せつ物にすす病が発生する間接的被害があります。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.