タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

庭植えのジンチョウゲが突然、葉がしおれて枯れてしまいました。何が原因で枯れてしまったのですか。また、同じ場所にジンチョウゲを植え直しても大丈夫ですか。

輪紋葉枯病の疑いが考えられます。この病気は主に葉に発生します。初め赤褐色の小斑点を生じ、その後拡大して1~2cmの大型の輪紋円斑となります。病斑は、1葉に1~2個と少ないですが、病葉は黄化して落葉します。特にひどい場合は樹勢が衰え枯れることがあります。防除方法としては枝に付いている病葉を摘み取り、葉が展開する前に枝や幹に殺菌剤を散布してください。ベンレート水和剤、トップジンM水和剤、Zボルドー水和剤が登録農薬として使用できます。また、落葉した病葉は集めて焼却します。

ジンチョウゲは根が少なく移植を嫌い、移植すると枯れることが多いので、植え替えを必要としない場所で、今まで樹木を育てていないところに定植してください。乾燥に弱い特性もありますので西日の当たらない日なた~半日陰で、水はけと水もちのよい場所がおすすめです。植え付け時期は、新芽が伸び始める前の3月下旬~4月下旬、9月下旬~10月下旬が適期です。ジンチョウゲの根はとても繊細なため植え付け時は根を傷めないように注意してください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.