タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

トマトなどの春野菜を片付けた後が空きましたので、コマツナの種をまいてみようと思います。秋遅くなってしまってからの種まきで春までに収穫できるでしょうか。

秋の栽培は、寒さに向かっての下降気温下での種まきになるので、10月以降になると種まきから収穫までの期間が長くなってきます。

例えば、温暖地の露地栽培では9月中に種まきすれば年内に収穫できるのに対して、10月中旬の種まきでは、翌年の1月下旬や2月中旬ごろの収穫になる可能性があります。さらに10月下旬の種まきとなると、発芽しても小さいままなかなか生育せず、3月ごろにやっと伸び出しても、収穫できる前にとうが立って花が咲いてしまうことになります。もちろん、秋の天候は変動が大きく、暖冬気味だともっと生育は進みますし、反対に秋の寒さが早いとより遅れることになります。

10月以降の露地栽培では、防寒対策が必要で、状況を見ながら寒冷紗や不織布、穴開きのポリシートなどの保温資材を準備して、トンネル被覆ができるようにして種まきしましょう。

失敗しない栽培レッスン

コマツナ

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.