タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

春キャベツを4月に収穫したいのですが、種まきと定植はいつごろすればよいのでしょうか。

春キャベツは冬の比較的暖かい温暖地で栽培ができ、いかにも春を感じさせる、みずみずしい柔らかいキャベツが味わえます。収穫時期がアブラナ科の作物の開花時期に当たるため、とう立ちの遅い晩抽性を持った早生の品種を選ぶ必要があります。この性質を持った春キャベツの代表が「金系201号」や「金春」です。

種まき時期は9月下旬から10月下旬で、本葉4~5枚の苗を定植します。苗の育ち具合により11月中に定植するか、まだ苗が小さい場合はそのままポットや苗床に置いて年明けの2月ごろに定植します。4月に収穫するためには、年内に定植してください。

冬の間はほとんど生育が進まず、3月に入ってから春の暖かさを感じて一気に大きくなるため、収穫は早くても4月中旬以降になり、年明けの定植では5月の収穫になります。早く収穫するためには、早まきして早く定植することになりますが、早まきして大株になり過ぎても寒さの被害を受けやすく、腐りが入ったり、芯止まりを起こして正常に結球できずにわき芽がたくさんできてしまったりします。畑の環境条件を考えて、冬の寒さや乾燥がきつい場所では無理に早まきせず、収穫が多少遅れても、小さめの苗で冬越しさせた方が寒さの影響を受けにくく安全です。

失敗しない栽培レッスン

キャベツ

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.