タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

キクは春に挿し芽をして植え付けるものと思っていましたが、夏ギクは秋に植え付けるのでしょうか。

秋ギクは春に挿し芽をして育てますが、早咲きの5~7月開花のキクは春に挿し芽から育てたのでは間に合いませんので、前年の秋に苗を植え付けます。

秋10~11月が植え付け時期となります。十分に根が張った状態で冬越しをさせるため、寒くなる前に植え付けます。冬の間、地上部はほとんど変化はありませんが、地下では根が張り、春に伸び出す新しい芽が発生し、少しずつ大きくなっています。3月初め、暖かくなってくると地上に新芽(冬至芽)が出てきますので、この芽を伸ばして花を咲かせます。このころまでに秋に植えた親株は自然に枯れますが、まだ残っている場合は切り取ります。

花が咲き終わったら8月中旬までに地際5cmを残して切り戻し、その後伸びてきたわき芽を9月中旬までに挿し芽して、翌年用の苗の準備を行います。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.