タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

縮みホウレンソウを作ってみたいのですが、その種はありますか。どのように作ればよいのでしょうか。

寒じめホウレンソウとか縮みホウレンソウといわれるのは、決まった品種があるのではなく、栽培の方法により付けられた販売用の名前です。収穫できるのは1月から3月中旬ごろの間に限られます。厳しい寒さに耐えるため、細胞組織の水分が抜け葉の厚みが増して、糖分やビタミン類が増加しておいしいホウレンソウになります。一般に出回る縮みホウレンソウは、もともと葉に厚みのある丸葉の西洋系の品種が使われます。株間を広めに取って、寒さにさらされることにより葉が地面に張り付くように広がり縮みが出てきます。品種としてはサンライトやブライトンが適しています。

作り方のポイントは、霜が降りるようになって寒さが厳しくなるまでに、収穫できる大きさに育てることです。温暖地の露地栽培では9月下旬から10月中旬ごろが種まき時期になりますが、生育が遅れたらトンネルの被覆などで調節して、ある程度大きくなったところでトンネルをはいで寒さにあわせます。寒くなってしまえばあまり生育は進まず、寒じめのおいしいホウレンソウが長い間収穫できます。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.