タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

サトイモがたくさん収穫できたのですが、保存する方法を教えてください。

サトイモの保存適温は8℃前後といわれていますが、実際は6℃以上に保つことができれば、冬の間安全に保存できます。少量の場合は新聞紙に包んで発泡スチロールの箱に入れ、屋内の温度変化の少ない場所に置いておけば大丈夫です。この場合は、イモを掘り上げた後、表面についた土がさらっとするくらい乾燥させ、割り口が乾いていれば親イモからはがしてばらして保存しても構いません。箱は密閉せず、空気穴を開けておくことも大切です。

大量でしたら土の中に埋め込みますが、関東以西の温暖地なら、30~40cmの深さの溝を掘り、イモは茎をできるだけ短く切り詰めて、掘り上げたまま子イモ、孫イモを剥がさず、茎の切り口を下向きにして埋め込みます。イモの固まりは2段程度まで積めますが、3段以上積む場合は溝をもっと深くします。イモの上をわらや不織布で覆い、その上に土を5~10㎝の厚さでかぶせ、1、2週間置きます。その後、気温が下がってきたら、さらに15㎝ほど土を盛り上げ、雨よけにビニールシートなどで覆い、周りに排水のための溝を切っておくようにします。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.