タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

クリスマスローズの開花期は2~4月で、クリスマスの時期ではありません。どうしてクリスマスローズというのでしょうか。

「クリスマスローズ」の原産地のヨーロッパでは、ヘレボルス(クリスマスローズ)属の原種の1つのニゲル(Helleborus niger)を、12月下旬から1月の花の少ない時期に花が咲くことからクリスマスローズと呼んでいます。
日本ではニゲルだけではなくヘレボルス属全体を、標準和名で「クリスマスローズ」と呼んでいます。その中の原種の1つH.オリエンタリス(H. orientalis)を中心に品種改良が行われ、たくさんの品種が育成されました。これらが2~4月に花が咲くため、日本では一般的に2~4月に咲く品種も含めてクリスマスローズと呼ぶようになりました。
欧米では、12月に開花するH.ニゲルだけをクリスマスローズと呼び、H.オリエンタリスとその改良種は、開花期がキリスト教の春の四旬節(レント)に当たるため、「レンテンローズ」と呼んでいます。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.