タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

鉢植えのバラの植え替え方法を教えてください。植え替え時に肥料は入れるのでしょうか。入れるという人や、入れないと書いてある本もあります。

鉢植えのバラは基本的には毎年植え替えます。1年間栽培して栄養が偏った土を新しい土に替えることと、鉢の中に張り詰めた根を整理するために鉢替えします。葉が落ちた休眠期に行います。
株全体の枝を1/2~1/3に切り戻し、枯れた枝も切り取ります。鉢から抜いて古い土を全て落とし、黒く枯れた根、細い根を取り除きます。土が落としにくいときは、水につけると落としやすくなります。
用土は、赤玉土(小粒~中粒)6:腐葉土3:完熟堆肥1の混合土や市販のバラ用培養土などを用います。鉢の底に鉢底土を入れ、用土を1/3入れて根を広げて置きます。接ぎ木部分が地上に出るように、鉢の縁から3~5cmのウオータースペースを残して高さを調節し、高さが決まったら残りの土を入れます。根の隙間にも土が入るように、棒などで突つきながら入れます。植え終わったら、鉢底から水が流れ出るまで、たっぷりと水をやります。
肥料を入れるか入れないかは、栽培家によって異なりますが、最近は入れないという人が多いようです。鉢植えの場合は、用土に肥料を混ぜると根が肥料焼けを起こすことがあるので、植え替え時には入れないで、根が活動を始める時期に鉢土の上に置き肥をするとよいでしょう。庭植えの場合は、深い植え穴を掘って底に肥料を入れ、その上に肥料分を含まない土で植え付けるとよいです。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.