タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

菜の花の蕾を束にしたナバナが売られていますが、ハナナともいわれます。どう違うのでしょうか。

一般的には野菜として食材に使われる場合をナバナ、切り花など観賞用に使われるものをハナナと呼ばれることが多いです。しかし、産地や流通経路によってはかなり混用されており、必ずしもはっきり区別されているわけではありません。いずれの品種も野菜用、切り花用としても決まってはいません。

ナバナは和種ナタネと西洋ナタネのとう立ちして伸び上がった花茎と蕾や葉を利用する野菜の総称ですが、蕾をそろえて束にしてお店に並ぶナバナは和種ナタネに由来する品種で、葉が柔らかく、やや緑が薄く縮みがあります
品種としては固定種の伏見寒咲花菜や極早生花菜でF1種の早陽一号などがあります。西洋ナタネを由来とするナバナは、葉色が濃く、葉も厚みがあってやや硬く、伸び上がってくる花茎と葉を利用します。各地の伝統野菜として長年作られてきた品種が多く、とう菜やかき菜のほか、それぞれの地名を冠した名前も多く付けられています。

失敗しない栽培レッスン

ハナナ

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.