タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

トマトの種まきをして苗作りを始めます。あまり早く種まきしても、なかなかよい苗ができず、ひょろっと伸び過ぎてしまったり、よい花が付かなかったり、結局、実が付くのも遅れてしまいます。種まきはいつごろまでできるのでしょうか。

5月の連休のころに園芸店に出回るトマトの苗は、2月下旬から3月にかけて種まきされています。種まきから本葉7~8枚になって1段目の蕾の固まりが見えだすまで、おおよそ60日ほどかかることになります。これはビニールハウスなどの設備の中で適切な温度管理ができる条件で育てられた場合です。

家庭菜園用に自分で苗を作ろうとすると、保温をして発芽はしても光が不足して徒長させたり、ポットに上げてからの温度も不足しがちになって、植え付けできるまでに予想以上に日数がかかることになってしまいます。自分で種まきして苗を作る楽しみは味わえますが、苦労して寒い時期に苗を作らなくても、自然の温度が上がった4月下旬から5月上旬ごろに種まきすると、少し遅れますが7月下旬から8月初めには収穫でき、夏の間十分楽しめます。若い苗で梅雨の期間を過ごすため、疫病の発生を避けることができたり、梅雨明け後の厳しい暑さの条件下でも元気に生育してくれます。5月植えの苗と、5月に種まきした苗を組み合わせて植えておくのも面白いものです。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.