タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

エダマメをうまく発芽させることができないのですが、よい方法を教えてください。

発芽の条件として最も重要なのは温度です。エダマメの発芽適温は25~30℃、種まきに当たっては、発芽に必要な温度を保てる環境をつくることが大切です。温度の次に大切なのは、水分と酸素のバランスです。水分が多過ぎると発芽しにくくなります。

種は吸水をして発芽の動作を始めると、呼吸作用が盛んになります。マメ類のような大粒の種は、呼吸でたくさんの酸素を必要とします。水分が多いと、種の周りに水の被膜ができて空気の通りが悪くなり、種が窒息してしまうといわれています。

畑に直まきするときは、事前にマルチングやトンネルを掛けて発芽適温を保てるように準備をします。種まきの深さは1㎝程度とし、深まきすると腐りやすくなるので、2㎝より深くならないように注意します。

ポットまきをするときは、発芽するまで発芽適温が確保できる場所で管理します。種まきの深さは、種が隠れる程度とします。
どちらも、まいた後は軽く鎮圧して、水やりは土が乾くまでしないようにします。

失敗しない栽培レッスン

エダマメ

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.