タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

切り花用にと育てていたジニアが、花は咲いていますが、葉に黒い斑点がたくさんできています。何の病気でしょうか。花弁にも出始めました。隣に植えてあるジニア「プロフュージョン」は何ともありません。

ジニアによく発生する病気で、斑点細菌病と思われます。梅雨のころから出始めて、梅雨明けごろに症状が激しくなります。最初は小さな黄色い斑点ですが、次第に黒褐色の大きな斑点になって、症状が激しいと花弁にも発生します。

病原細菌は被害株とともに、土の中に生き残っています。翌年、雨で土が跳ね上がって、ジニアの茎や葉に付くことで伝染します。病気の伝染源を残さないために、発病した株は抜き取って持ち出し処分してください。

ジニア「プロフュージョン」は斑点細菌病に対して強い耐病性があるため、発病しにくいのです。

失敗しない栽培レッスン

ジニア

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.