タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

昨年秋にトルコギキョウの種まきをして、プランターで育てています。頂花が咲き始めてきましたが、このまま咲かせてよいでしょうか。この花が終わったら、2番花も咲かせることができるのでしょうか。

トルコギキョウは茎の先端付近から枝が出て、スプレー状に花が咲きます。しかし茎先端に付いた頂花だけが早く咲いて、スプレー状の枝の花が咲くころには、頂花は咲き終わってしまっています。そのため、頂花は咲き始めたら摘み取ってしまって、その後そろって咲いてくる側枝の花を観賞するとよいでしょう。

花弁は雨に当たると傷んでしまいますので、プランターは雨の当たらない軒下などに置いてください。

花が咲き終わったら地際の2~3節を残して切り戻しを行うと、2番花が楽しめます。残した葉のわき芽が伸びてきますので、太い茎を2~3本残して弱い芽は摘み取ります。暖かい地域だったり早めに切り戻しを行った場合は、今年もう1回花が楽しめることがあります。

切り戻しが遅かった場合は、今年は株元にわき芽が出た状態で冬を越して、来年暖かくなってから茎が伸びてきて花が咲きます。軒下や室内の最低気温が2~5℃くらいのところで冬越しさせます。日中は日光に十分に当ててください。

失敗しない栽培レッスン

トルコギキョウ

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.