タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ハボタンはいつ種まきするとよいでしょうか。

地域によって異なりますが、温暖地では7月中旬~8月中旬が種まき時期です。これより遅くなると、葉枚数が少なくボリュームのない株になってしまいます。

ハボタンは種まき時期に関係なく、晩秋に気温が下がってくると低温に反応して葉が赤や白に色づいてきます。早く種まきすれば低温に反応するまでの生育期間が長いため、葉枚数が多くなり大きな株になります。

逆に種まきが遅いと、まだ小さな株のうちに低温に当たって色づいてしまうのです。寒冷地では早く寒くなるために、温暖地よりも早く種まきをする必要があります。南西諸島など冬も暖かい地域では、発色が遅くなったり、低温不足で色づかなかったりすることもありますのでご注意ください。

種まき時期は夏の暑いときですので、風通しのよい日陰でできるだけ涼しくして種まきをしますが、芽が出た後も日陰に置いていると、ヒョロヒョロと徒長してしまいます。日陰の涼しいところで夕方に種まきをして、土が乾かない程度に水やりをします。

芽が出たら日光に当てて、朝水やりをして夕方には土の表面が乾くようにします。夜の間、土が湿り過ぎていると徒長の原因となりますので、水やりの量を調整して夕方には土の表面が乾くようにして、ガッチリとした苗に育ててください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.