タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

オクラの「ピークファイブ」を毎年作っているのですが、今年は7月に入って4~5本収穫できた後、次第に弱ってきて、8月には完全に枯れ上がってしまいました。抜いてみると根にこぶがたくさん付いていましたが、センチュウの害でしょうか。

オクラはネコブセンチュウに非常に敏感です。被害を受けると生育が極端に悪くなり、根がこぶだらけになって、次第に根腐れを起こして枯れてしまうことが多いです。ネコブセンチュウは種類によって寄生する作物が違うことがあり、オクラに付くのはサツマイモネコブセンチュウで、他にはサツマイモ、ニンジン、ゴボウ、スイカなどが被害を受けやすい作物になります。

センチュウが付いてしまったら栽培途中で防除する方法はなく、作付け前にしっかり予防して被害を少なくするしかありません。まずは連作を避け、他の作物でもネコブセンチュウの被害の出やすい作物を作った後の畑は避けるようにします。その他、センチュウの付きにくいマメ科のクロタラリアやイネ科のソルゴーなどとの輪作を行うようにして、心配な場合は粒状の殺センチュウ剤を土壌に混和して作付けするようにします。

失敗しない栽培レッスン

オクラ

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.