タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

8月に秋どりのキャベツの苗を定植して順調に大きくなっていたのですが、先日の台風で雨風に打たれてかなり傷んでしまいました。植え替え用の予備苗もなく、なんとか弱った苗を生かしたいのですがどんな手当てをしたらよいでしょうか。

あらかじめ台風の予報があるときは、寒冷紗や不織布をベタ掛けのカバーをして風に飛ばされないように押さえておけば、かなり被害は防ぐことができます。それでも、雨にたたかれて地面に押し付けられ、泥に埋まってしまうこともありますので、雨風がおさまり次第早めにベタ掛けのカバーを取り去って泥を落とすなどの手当てが必要です。もし、ベタ掛けのカバーをしそこなって、まともに雨風にさらされてしまった場合は、強風に振り回され、葉がちぎれたり茎が折れたりの傷を負ってしまうことにもなります。

台風や豪雨がおさまり次第なるべく早く、畑の通路などの水たまりを畑の外に流し出すように排水を図るとともに、倒れた苗を起こして噴霧器で泥の汚れを丁寧に水洗いしてやります。その後、殺菌剤を散布して傷口から病気が広がらないように予防します。風向きによってはかなり内陸部でも潮風の害を受けることがあり、時間がたってから葉焼けなどの被害が現れることがあります。水洗いをしておくとともに、高機能液肥のサカタ液肥GBなどの処理で塩害によるストレスを緩和し根の働きを高めるようにしてやることも有効です。

失敗しない栽培レッスン

キャベツ

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.