タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

グラジオラスの球根を掘り上げた後の管理は、どのようにすればよいでしょうか。球根の下に小さな球がいっぱい付いていますが、これは何でしょうか。

掘り上げた球根は、約1カ月風通しのよい日陰で自然乾燥させて、古球や腐敗球を取り除き、紙袋などに入れて冷暗所で保存します。冬の間は凍らないようにしてください。

球根の下に付いている小さな球は、木子(きご)という小さな球根です。春に植え付ければ葉は出てきますが、花は咲きません。球根が大きくなって花が咲くまでに数年かかりますので、大きな球根だけを保存して翌春に植え付けるとよいでしょう。

球根の掘り上げは、葉が完全に枯れてから行うと、木子がポロポロと落ちて地中に残ってしまいます。地中に残った木子は翌春に芽を出しますが、細い葉が出てくるだけで花が咲きません。葉が3/4くらい枯れたころに掘り上げると、木子を落とさないで一緒に掘り上げることができます。掘り上げ後は葉を付けたままで陰干しして、乾燥後、古球や木子、腐敗球を取り除き、新球だけを保存します。

失敗しない栽培レッスン

グラジオラス

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.