タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

春に公園一面を鮮やかなブルーに彩るネモフィラを見て感動しました。家の庭でも再現したいのですが、ネモフィラの種類と栽培方法を教えてください。

ネモフィラ「インシグニスブルー」という品種がブルーの花を咲かせます。鮮やかなブルーで、株張り約30cm、横に広がる草姿で、花壇だけでなくコンテナやつり鉢にも向く、丈夫で栽培しやすい品種です。

9月下旬~10月上旬に種をまきます (温暖地基準) 。ネモフィラの種は小さく、苗になると茎葉が折れやすく移植しにくいので、ジフィーセブン(そのまま植えられる土ポット)や小さなポット(6cmポット)、セルトレーに種をまいて苗を育てます。1ポットに3~4粒ずつ種をまいて、種が隠れる程度か2~3mm覆土します。発芽するまでは乾かさないよう特に注意します。

植え替えは、根が切れてしまうと生育がよくないので、本葉が2~3枚の小苗のころに行います。
庭に植え付けるときは、日当たりと水はけのよい場所に1㎡当たり完熟堆肥約3kg、化成肥料30~50g、苦土石灰約100gほどをすき込み、株間約20cmで植えます。
もし、コンテナで栽培する場合は、市販の培養土を使い、15cm鉢に1株植えてください(ジフィーセブンや小さなポットで栽培している場合は株数を減らさずそのまま植える)。そして、日なたで管理します。

春までに株を大きくするポイントは、苗の植え付けを寒くなる前に終わらせ、しっかりと霜よけをすることです。また、栽培期間が長いので定期的に追肥します。

その他、ネモフィラにはブルー以外にホワイトやパープルの花色もあります。詳しくはサカタのタネ オンラインショップをご覧ください。

失敗しない栽培レッスン

ネモフィラ

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.