タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

アサガオの種をまく前に種皮に爪切りで少し傷を付けて、一晩水につけるつもりでしたが、種袋を見ると「そのまま種まきができる」と書かれています。どうして、そのまま種まきができるのですか。

種袋に「そのまま種まきができる朝顔のタネ」の表記があるものは、あらかじめ種に発芽促進処理をしているので、そのまま種まきができます。種まき前に水につけたり、傷を付けたりする作業は不要です。処理済みの種を水につけると種が酸欠状態になり発芽不良の原因になります。

アサガオの種は種皮の厚い「硬実種子」で、種まき後に吸水不良が原因で発芽が悪くなることがあるため、よく園芸書では種皮を傷付けたり吸水後に種をまくように説明しています。最近は、発芽促進処理をしている種が多いので、種袋の説明に従ってまいてください。

失敗しない栽培レッスン

アサガオ

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
※お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付時間は、平日9:00~12:00、13:00~16:00です。(土・日・祝日、年末年始、当社休業日を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.