タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

庭に植えたイチゴの収穫が終わりました。株からランナーが出始めて子株ができています。来年用の苗とりはいつごろ行えばよいでしょうか。

イチゴの苗とりは、通常6~9月上旬に行います。株が複数ある場合、よく実を付けた株を選んで親株にします。親株からのランナーが長く伸び、その先に3~4株ほどの子株が付きます。一番親株に近い子株(太郎)は使わず、二番目(次郎)、三番目(三郎)、四番目(四郎)の子株を9cmポットに植えて養生します。

葉が3~4枚出ている元気な次郎、三郎、四郎の子株を次年度用の苗に選んで10月に定植します。

1番目につく子株(太郎)は、親株の病気を受け継いでいる危険性が高いので使いません。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様相談室

TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル)
TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル) ※番号はお間違えのないようにお願いいたします。
【受付時間】9:00~12:00、13:00~16:00
土・日・祝日、年末年始、当社休業日を除く

※音声ガイダンスにしたがって、2番を選択してください。
※受付時間は、諸事情により予告なく変更する場合があります。
※お電話によるご注文はお受けしておりません。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.