タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

甘長トウガラシや万願寺トウガラシの果実が黒ずんでしまいました。

「黒あざ果」という、植物色素のアントシアンが発色する生理障害です。見た目は病気のようですが、植物色素なので食べても問題ありません。品種改良されていない昔ながらの在来種で多く発生します。

特に梅雨時期や晩秋などの、気温が20℃を下回る低温下で、果実に紫外線が当たると発生しやすくなり、土壌の乾燥などのストレスで障害が助長されます。夏になると気温が上がることや、葉が茂って果実に紫外線が当たりにくくなることで発生が減ります。また保温できる施設内で栽培すると発生しにくいです。

失敗しない栽培レッスン

トウガラシ

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様相談室

TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル)
TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル) ※番号はお間違えのないようにお願いいたします。
【受付時間】9:00~12:00、13:00~16:00
土・日・祝日、年末年始、当社休業日を除く

※音声ガイダンスにしたがって、2番を選択してください。
※受付時間は、諸事情により予告なく変更する場合があります。
※お電話によるご注文はお受けしておりません。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.