タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ニンニクの植え付けをするとき、塊を鱗片(りんぺん)に分けて、皮を付けて植え付けていました。しかし、鱗片の皮はむいた方がよいのでしょうか。

植え付ける時期によって、異なります。

ニンニクの発芽(萌芽)適温は15~20℃で、25℃以上では発芽しません。

植え付け時期の9月下旬~10月が発芽適温でしたら、皮付きで植え付けた方が、1芽の発芽率が高く、生育が順調で、病害虫の接触も軽減されます。
 
また、植え付け適温が確保できず、植え付けが11月以降になる場合は、皮をむいて植えることをおすすめします。なぜなら、発芽がそろうメリットがあり、その後の生育も早まるからです。しかし、2芽になる率が高いので、早めに芽かきをして1芽にします。年内中に茎葉の草丈を10~15cm程度の長さに生育させて越冬させるのが栽培のポイントです。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様相談室

TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル)
TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル) ※番号はお間違えのないようにお願いいたします。
【受付時間】9:00~12:00、13:00~16:00
土・日・祝日、年末年始、当社休業日を除く

※音声ガイダンスにしたがって、2番を選択してください。
※受付時間は、諸事情により予告なく変更する場合があります。
※お電話によるご注文はお受けしておりません。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.