タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

集まる

読者のひろば

園芸通信を楽しまれている皆さまからのお便りをご紹介しています。

カテゴリ

読者のお便り大募集!

ご家庭での園芸にまつわる写真とエピソードをお寄せください。
掲載された方の中から毎月抽選で3名の方に、サカタのタネ オリジナル図書カードをプレゼント!

応募はこちら

大切に育てたコスモスが咲きました

8月20日ごろに種をまいたコスモス「センセーション ミックス」が10月の秋風とともに咲き始めました。花は小ぶりですが、液体肥料を多めに施肥したので葉や茎は丈夫に育ちました。うどんこ病になりやすいので、殺菌剤も噴霧してちょっぴり過保護に育てました。

かわいいホトトギスが咲きました

上の写真は和種、下の写真は外来種のホトトギスです。私は日本のものが楚々としていて好きです。

ハギで窓辺を秋色に

最も秋を感じさせてくれるハギ。花瓶に一枝生けたら秋がそこまでやってきました。異国の鳥の置物たちとも相性がいいようです。

季節と共に変化するマリーゴールド

9月になり少し涼しい日もあったので、マリーゴールド「ストロベリーブロンド」の色が赤くなってきました。6月の咲き始めは赤で、夏の間はほとんど黄色。涼しくなってくると、オレンジから赤へ。1株で3色を楽しめてお得なのと、季節の移ろいを感じられて、素敵です。

セッコクの花が咲きました

セッコクが、4月下旬と8月下旬にも開花しました。4月の花は薄ピンク色で艶やかにたくさん咲き、8月には白で清楚に少し咲いています。これも異常気象が原因でしょうか。2度楽しめてハッピーでしたが、来年4月の花は大丈夫でしょうか。

きれいな八重咲きのハイビスカス

ハイビスカスの八重咲きです。3本立てのスタンドの1本から5輪が房になって咲きます。

我が家の晩夏の花壇

我が家の晩夏の花壇です。カラフルなコリウスに多粒まきのケイトウ。コリウスもケイトウもタネから育てました。そして、こぼれタネから発芽したニチニチソウ。暑い夏に手間いらずの花たちです。

花から元気をもらいました

今年も暑さ厳しい夏でした。それでもタネから丹精込めて育てた花は、とてもきれいに咲いてくれました。花には人を元気する力があるといいますが、本当にその通りだと思います。お花たちに感謝。

夏のハボタン「バニー」

ハボタンのタネまきの時期になりました。昨年からのハボタン「バニー」が花壇で大きく育っています。マリーゴールド、ケイトウと共に夏花壇を彩っています。踊りハボタンの様になるのでしょうか?

夏のハボタン「バニー」2

ハボタン「バニー」が大きく育っています。昨年 夏にタネまきして、秋に花壇に定植。春に花が咲いた後もそのままにしておいたら、ドンドン成長していきました。花の少ない真夏の花壇をコリウスと共に彩っています。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.