タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

集まる

読者のひろば

園芸通信を楽しまれている皆さまからのお便りをご紹介しています。

カテゴリ

読者のお便り大募集!

ご家庭での園芸にまつわる写真とエピソードをお寄せください。
掲載された方の中から毎月抽選で3名の方に、サカタのタネ オリジナル図書カードをプレゼント!

応募はこちら

新着

暑さに負けない花たち

キンギョソウ「ポッピンキャンディー」は本当に強健でよく咲いてくれます。種から育てましたが、すぐに花を咲かせて、花が終わったら切り戻すとあっという間に新芽が出て、また咲きます。ほぼ一年中咲くのがすごいです。8月の暑さに負けず、元気に咲いています。ペチュニア「ビューテカル」も何度も切り戻しをしていますが、とてもコンパクトに咲いてくれます。花弁に厚みがあって雨にもとても強いです。雨や気温の変化で色が変わるのもおもしろいです。この色シナモンはなかなかない色で、品があって気に入っています。秋まで長く楽しみたいです。

我が家の黄色小玉スイカ、金メダル!!

5月20日に大型プランターに植え付けて育てた小玉スイカを8月5日に収穫しました。プランターから張り付けたネットにつるを絡ませて育てたものです。着果は2個に制限しました。包丁を当てた途端スイカにひび割れが生じました。これは皮のギリギリまで完熟したことを意味していると思います。味は抜群、金メダルものでした。この経験からベランダなどの狭い場所でもスイカを栽培できることが確認できました。

新たな発見

新たな発見です。去年、植えたアサガオのこぼれ種です。シバザクラはだいぶ前に家族が植えたものですが、まさかアサガオの苗ができるとは思いませんでした。あと、ブルースター(オキシペタラム)は2年目にして初めてさやができました!ブルースターは長く楽しめるので毎日楽しいですo(^-^)o

初めての家庭菜園

初めての家庭菜園でスイカとオクラを作りました。どちらも順調に育っています。スイカは2つの苗から4つ実がなり、オクラはもう10本ほど収穫しました!楽しいですね。次は何を育てようかと考えているところです^_^

大きなコキア

コキアがとても大きくなりました。昨年までは50cmくらいの大きさでしたが、今年、畑にこぼれ種から生えたものはまんまるで、とても大きくなりました。ちなみにビニール傘は大人用です。秋の紅葉が楽しみです。

今年も綺麗に咲きました。柱サボテン「鬼面角」とモミジアオイ(紅葉葵)

柱サボテン「鬼面角」とモミジアオイ(紅葉葵)が開花しました。柱サボテンの花は邪気をはらうといわれており、今の新型コロナウイルスを退散してもらいたいものです。7月22日夕方5時ごろのつぼみ(1枚目)と深夜に開花、撮影は翌朝5時ごろ(2枚目)です。このサボテンは秋10月ごろにも開花します。

虹の向こうに幸せがあるんじゃないかな

今年もかわいいアサガオ「スプリットペダル」が開花してくれました。この花が咲くと夏が来たんだなあと感じます。

なんとなく

やはりトマトです。

こんなにキレイに咲いてくれました

ミニヒマワリの種を植えたら、こんなにキレイに咲いてくれました。土が足りなくて、どうかなぁと思っていたのに、植物のたくましさに元気をもらいました。

夏野菜の収穫が始まりました

大玉トマトの「麗夏」、中玉の「シンディーオレンジ」、「アイコ」それぞれ味に特徴があって楽しんでいます。余った分はトマトジュースに加工し、ペットボトルに入れて冷凍保存します。その他、ナス、キュウリ、ピーマンなども採れています。2枚目のイチジクは、昨年、秋に熟すことなく年越しして、この春から大きくなりました。熟したところで初物としていただきました。最後は、プランター栽培に挑戦している小玉スイカです。現在、直径は8cmくらいになりました。つるはネットに這わせていますが、実は落ちないようにネットで吊るしています。この栽培法は、ベランダでも十分可能と思います。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.