タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

集まる

読者のひろば

園芸通信を楽しまれている皆さまからのお便りをご紹介しています。

カテゴリ

読者のお便り大募集!

ご家庭での園芸にまつわる写真とエピソードをお寄せください。
掲載された方の中から毎月抽選で3名の方に、サカタのタネ オリジナル図書カードをプレゼント!

応募はこちら

新着

初めての種まき

初めての種まきでなかなか花が咲きませんでしたが、一旦、咲き始めるともう最高にキレイなパンジーたちです。私だけの色のパンジーでかわいさもひとしおです。

今年もヤマツツジが咲きました

十数年前に挿し木して育てたものです。最近は毎年きれいに咲いてくれます。2枚目の写真はパクチー(コリアンダー)の花です。右下に拡大写真を合成してあります。プランター育ちですが育てやすくて、花の後には種がたくさん付きますので次回の種まきができます。最後の写真はエビネです。これも毎年よく咲きますが、毎年きれいに咲かせるには植え替えをしてあげることが必要です。

我が家の春の定番の花たち

我が家の春の定番の花たちです。毎日かわいいです。今年はいつになく、花が咲くのが早かった気がします。5月にはアジサイとブルースターが咲きます☆

菜園の様子

イチジクの挿し木苗ができました。鉢植えのイチジクの枝を切り取って挿し木にしたものです。もう少し大きくなったら菜園の片隅に移植します。数年前に挿し木苗を移植したものからは、昨年ジャムを作れるほど収穫できました。トマト苗も順調に育って菜園に移植しました。「シンディーオレンジ」と「アイコ」の2種類です。あと「麗夏」の苗も間もなく菜園に移植します。3番目の写真は迷惑外来種の「ナガミヒナゲシ」です。はびこると大変ですので、見かけたら抜き取るか花を摘み取りましょう。この花の種は一つの莢に1000粒以上もできます。繁殖が旺盛なので、くれぐれも庭には植えないでください。

種から育てたキャベツ「金系201号」が!!

こんにちは。神奈川のハットさんです。久しぶりに投稿させていただきます。キャベツのお話です。上の写真は、種から育てた「金系201号」を収穫した切り口です。外葉の裏側に何があるか分りますか? さて、下の写真をご覧ください。なんと外葉の下に2個の球があったのです。驚きました。しばらくの間、観察を続けます。どのくらいの大きさの球になるのでしょうか。ほかの株にも何個か球が付いているようで、収穫が楽しみです。

ペチュニア、サンパチェンスを満開にします

今年も、パティオ弐番館にペチュニア、サンパチェンスを満開にすべく、現在、苗を育てています。他の中庭の写真は昨年の初夏の写真です。サンパチェンスがまだ咲きそろっていませんが、これらが咲くと見事なものです。次回はサンパチェンスの咲いた模様をお届けします。

名付けて【パティオ弐番館】です

マンション中庭の特設花壇、および常設花壇、そして、中庭の全景です。名付けて【パティオ弐番館】です。パンジー、ビオラ、チューリップが今、満開です。この時期、1~5月まで花がないので今年は特設花壇を追加してトライしました。おかげでマンションのバリューアップに貢献しています。居住者の方たちにも大好評です。

サカタのタネの草花

ハンギング及び、マンションのエントランスに、サカタのタネのチューリップ、パンジー、ビオラを育て上げました。すべてサカタのタネの製品で素晴らしい生育です。

春は花壇が花でいっぱいになる季節

春は花壇が花でいっぱいになる季節です。今年もチューリップ、ムスカリ、パンジー、ネモフィラが一斉に満開になりました。

春先の庭

菜園の片隅で山ウドが顔を出しました。このウドは十数年前に山菜取りで得たものを育てたものです。最近は株も増えて、春先には酢味噌和えや天ぷらでいただいております。収穫は沢山ありますので近所にもおすそ分けしています。露地植えにしたイチゴに花が付き始めました。もう少ししたら、いただくことができます。最後の写真は庭のツバキです。メジロやヒヨドリが花の蜜を吸いに時々現れます。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.