タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

集まる

読者のひろば

園芸通信を楽しまれている皆さまからのお便りをご紹介しています。

カテゴリ

読者のお便り大募集!

ご家庭での園芸にまつわる写真とエピソードをお寄せください。
掲載された方の中から毎月抽選で3名の方に、サカタのタネ オリジナル図書カードをプレゼント!

応募はこちら

新着

チューリップ花見

「チューリップスペシャルミックス50品種」を購入。さらに昨年のチューリップと合わせて80本ほどのチューリップがお庭に咲いています。コロナの暗いニュースの中、とても、毎日癒されています。たくさんの種類のチューリップに驚かされ、新しい発見の数々。夫と二人、お弁当を作ってお庭で、チューリップ花見もしました。来年もさらに数を増やしたいです。サカタさん、楽しいひとときをありがとうございます。

路地イチゴとタケノコ

家庭菜園の路地イチゴに花が付きました。もう少し暖かくなれば、真っ赤なイチゴが食べられそうです。2枚目の写真は花のクローズアップです。最後は、自宅の庭の布袋竹(水戸黄門様の杖でご存じと思います)のタケノコです。今年は例年より少し早めにタケノコが生えてきました。

桜の木

5年ほど前から育てている桜の木。去年はほとんど咲かず、枯れかかっているのかと思い心配しましたが、今年は今までで一番多く花を咲かせてくれました。

早春の草花

小さな庭で、鉢植えも管理。プリムラはずっと育てています。夏に根元が地面から立ち上がるので土増しをしたところ、冬を越えて咲いてくれました。奥に白のクリスマスローズがあったので早朝の横からの光で写しました。園芸相談にタンチョウソウは冬に植え替えをする紹介があったので、今年は1月に植え替えました。明るい花を背景に、伸び立つ息吹を写そうと思いました。

初めての種まき

初めて種からパンジーを育てました。きれいなブルー、咲き始めはロイヤルブルーでつかの間の幸せです。3月中旬ごろ、次々咲き出しました。苗のときはひょろひょろだったのですが、花が咲いてくれてとてもうれしいですo(^-^)o

もう一つはブルースターです。冬の間、切り戻しをしましたが、花の芽が付いています。

春物野菜の苗作り

3月になって春物野菜の苗作りが忙しくなりました。温度調節したフレームで種まきしたトマトをポットに移植しました(3月2日)。これから家庭菜園の準備をして、来月初めに菜園に移します。今年のトマトはアイコ、シンディーオレンジ、麗夏、大玉の4種です。

3月中旬ごろ、我が家のバイモユリ(編み笠百合)が満開になりました。このユリは20年ほど前に球根を数個入手して、庭の片隅に植えたものです。年々球根が増えて今では群生しています。このユリの花は下を向いて咲くので、花の様子が分かるように下から見上げるように撮影しました。

春を迎えるハボタン

2月下旬、暖かな日も多くなりました。ハボタンが色鮮やかになり、急に伸びてきました。

いつもは捨てているニンジンの端

水に浸しておくと芽が出てきました。どんどん大きくなあれ。葉っぱを収穫する予定です。

今期のブロッコリーは豊作でした

立春を過ぎるとわき芽のブロッコリーが食べられるようになりました。わき芽の茎の部分もおいしく食べられます。茹でる代わりに電子レンジを使用するのが便利です。

ひかりの季節

3センチ程の球根が 急に もわぁと膨らんだ。数日 注目していたが、すっと上に伸びた花が 立ってられないようす。根を傷つけないよう、細いもので土をすっかり落としてやる。悪くなっている球根部分も 祈る思いで 切り取ってしまった。そうして 3ヶ月近く、花ももちろん、倒れてしまう葉もない。球根には想像以上のエネルギーが秘められている。どうやら 案じることはなかったようだ。今朝 ぴぃーよーんっと 細くひょろ長く出ているものが一本。その先には、長さには不釣り合いな、シクラメンとわかる葉がついており、ほほえましいばかり。これからの ひかりの季節に 間に合わせきた。

4枚目
地中からのぞくはとんがらせた エネルギー。何をもって ここが 空に向かう道と 知り得るのだろう。約束の春を ノック ノック ノック。厳しい寒さに 微塵も身をちぢめることなく。だ。迷いも一切なく。だ。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.