タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

集まる

読者のひろば

園芸通信を楽しまれている皆さまからのお便りをご紹介しています。

カテゴリ

読者のお便り大募集!

ご家庭での園芸にまつわる写真とエピソードをお寄せください。
掲載された方の中から毎月抽選で3名の方に、サカタのタネ オリジナル図書カードをプレゼント!

応募はこちら

新着

我が家の晩夏の花壇

我が家の晩夏の花壇です。カラフルなコリウスに多粒まきのケイトウ。コリウスもケイトウもタネから育てました。そして、こぼれタネから発芽したニチニチソウ。暑い夏に手間いらずの花たちです。

きれいな八重咲きのハイビスカス

ハイビスカスの八重咲きです。3本立てのスタンドの1本から5輪が房になって咲きます。

オクラの収穫もそろそろ終わりです

雑草の草丈を超えて咲いていた野花が雑草に覆われてしまいました。オクラは今年も豊作でした。収穫はほぼ終わりです。草丈が伸び、先端の実も小さくなってきました。タネ採りのためにオクラの莢を2個残してあります。奥の方は、もうできあがり、手前の莢も1週間もすれば褐色になるでしょう。仲間にもタネを分けてあげられます。10年近く自家種を採取しているので、ほぼ固有種になったのでしょうか。毎年安定して収穫できます。

セッコクの花が咲きました

セッコクが、4月下旬と8月下旬にも開花しました。4月の花は薄ピンク色で艶やかにたくさん咲き、8月には白で清楚に少し咲いています。これも異常気象が原因でしょうか。2度楽しめてハッピーでしたが、来年4月の花は大丈夫でしょうか。

トマトとカボチャがたくさん収穫できました!

トマトやカボチャが収穫できています。上段の左が「麗月」、右は中玉トマトです。今年は天候のせいかトマトは豊作です。中玉トマトは庭のプランターでもたくさん収穫できています。余ったトマトは湯むきしてミキサーにかけ、タネなどをこしてペットボトルで冷蔵、冷凍保存すれば数カ月間保存できます。下段の左の写真はカボチャ「雪化粧」です。「雪化粧」は3mm程度にスライスして電子レンジにかけると、とても甘くておいしいです。黄色いトマトは「シンディーオレンジ」です。


リビングから見えるヒマワリ

ヒマワリは地植えだとあらぬ方向を向いて咲いたりするので、わざとプランターに植えてお花を我が家のリビングから眺められるように置きました。風で倒れるので、アサガオの鉢を置いた椅子をつっかい棒にしています。パッチリ咲いたビタミンカラーのお花から元気をもらっています。これは余談ですが、カタログで買った除草バイブレーターが本当に優れもので、今年上半期一番のお買い物でした。

カラスウリの花が咲きました

カラスウリの花が咲きました。夕方早めに咲いてくれたので写真が撮れました。真っ暗になると、ピントが合いません!

ブルースター(オキシペタラム)のタネ

ブルースターの美しい花が終わると、莢ができます。そして莢が割れタネは飛翔します、バルーンのように、綿毛を膨らませて遠くに飛ぶ準備です。夕方からカラスウリの花が咲き始めました。自然の神秘にはいつも感動です。

夏のハボタン「バニー」2

ハボタン「バニー」が大きく育っています。昨年 夏にタネまきして、秋に花壇に定植。春に花が咲いた後もそのままにしておいたら、ドンドン成長していきました。花の少ない真夏の花壇をコリウスと共に彩っています。

夏のハボタン「バニー」

ハボタンのタネまきの時期になりました。昨年からのハボタン「バニー」が花壇で大きく育っています。マリーゴールド、ケイトウと共に夏花壇を彩っています。踊りハボタンの様になるのでしょうか?

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.