タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(花)

野菜

50音順で探す

ベゴニア

難易度
  • 春まき
  • 地植え
  • 鉢植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Begonia semperflorens Link et Otto
  • 和名/別名四季咲きベゴニア
  • 英名Bedding Begonia
  • 原産地/生産地ブラジル
  • 分類シュウカイドウ科ベゴニア属
  • 発芽地温20~25℃

生育条件

  • 用途花壇、鉢植え
  • 日当たり日なた、半日陰
  • 耐寒性

栽培管理

  • 地植え適所・土質西日が避けられる場所や、夏は木陰になる半日陰の場所が適地。腐葉土、ピートモスを多めにすき込む。
  • 鉢植え用土赤玉土6、腐葉土2、ピートモス2の配合土
  • 植えつけ腐葉土やピートモスを多めにすき込んだ花壇に、15~20cm間隔

栽培暦(関東標準)

※育苗期間が長いので早まきしますが、発芽・生育温度が高いので、室内の窓辺でタネまき・育苗を行いましょう
※上記の区分は目安です。実際の栽培地の条件により異なる場合があります

ベゴニアとは

日なたでも半日陰でも作れ、雨、風に強く、わい性で分枝多く、ボール状の草姿に絶えず花が咲き続ける四季咲きベゴニアは、花壇やプランターで作るのに最適です。

タネまき

発芽適温は20~25℃と高温で、発芽日数は15日ほど。少量まくには、ジフィーセブンにまくとよく、水を含ませたら表面を指先で平らにならし、タネをばらまきします。好光性種子(こうこうせいしゅし)なので覆土はせず、水は底から吸わせます。直射日光を避け、温度を保つよう、箱に入れ、窓辺に置いて管理します。

育苗

発芽したらレースのカーテン越しの光に当てて育て、本葉が2~3枚出てきたら6cmポットに植え替えます。用土は、赤玉土5、ピートモス5の配合土を使います。雨、風、直射日光を避けるため、フレームか室内の窓辺で育てます。植え替え後2週間くらいしたら、週に1度液肥を与えるようにします。

苗は本葉2~3枚になったら植えつける。深植えにならないように注意する

定植

晩霜の心配がなくなったら屋外に定植します。花壇は西日が避けられる場所や、夏は木陰になる半日陰の場所が適します。腐葉土、ピートモスを多めにすき込むようにします。ベゴニアは酸性土を好むので、石灰肥料は施さないようにします。鉢、プランターで作る場合は、赤玉土6、腐葉土2、ピートモス2の配合土を使い、15~20cm間隔に深植えしないよう注意して植えつけます。

定植

晩霜の心配がなくなったら屋外に定植します。花壇は西日が避けられる場所や、夏は木陰になる半日陰の場所が適します。腐葉土、ピートモスを多めにすき込むようにします。ベゴニアは酸性土を好むので、石灰肥料は施さないようにします。鉢、プランターで作る場合は、赤玉土6、腐葉土2、ピートモス2の配合土を使い、15~20cm間隔に深植えしないよう注意して植えつけます。

病害虫

ネマトーダがつきやすいので、連作を避けることと、プランターや鉢は新しい配合土を使うようにします。ときにアブラムシ、ヨトウムシ、ナメクジがつくことがあるので、早めに殺虫剤をまいて駆除します。病害は、新しい用土を使えばほとんど発生しません。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.