タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(花)

野菜

50音順で探す

プリムラマラコイデス

難易度
  • 秋まき
  • 地植え
  • 鉢植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Primula malacoides Franch.
  • 和名/別名オトメザクラ
  • 英名Fairy Primrose
  • 原産地/生産地中国(雲南省)
  • 分類サクラソウ科サクラソウ属
  • 発芽地温15~20℃

生育条件

  • 用途花壇、鉢植え
  • 日当たり日なた
  • 耐暑性

栽培管理

  • 鉢サイズ・種類鉢植え用の品種は4~5号鉢
  • 植えつけ花壇用品種は花壇やプランターに定植。花壇用の植えつけ間隔は15~20cm

栽培暦(関東標準)

※暑さに弱いので夏の植え替えは避けます。また、耐寒性は強いですが、花壇用種はマイナス3℃以上、鉢物用種は3℃以上を保ちましょう
※上記の区分は目安です。実際の栽培地の条件により異なる場合があります

プリムラマラコイデスとは

耐寒性が強く、丈夫で作りやすい一年草タイプのプリムラです。多花性で、品種によって花色も豊富なので、寒さの残る春先の庭を鮮やかに演出してくれます。

タネまき

発芽適温15~20℃、暑くなると発芽、育苗がしにくくなるので、梅雨の前半までにまくようにします。
また、ボリュームには欠けますが、秋まきも可能です。密植にして咲かせるとよいでしょう。
プリムラは好光性種子(こうこうせいしゅし)なので、ピートバンにまき、覆土はせず、水は受け皿に入れ、底から吸わせるようにします。タネの表面が乾かないよう、一日一回霧吹きで水をかけてやるとよく発芽します。

ピートバンにまき、覆土はしない。1日1回霧水を与えるとよく発芽する

育苗

発芽したら50%遮光下で育苗します。密に生えた所は間引き、本葉2~4枚になったら6~7.5cmポットに仮植します。
暑い時期は、雨除け、日除けをした風通しのよい場所で育苗します。夏の間は根を傷めるので、追肥は控えます。

本葉2~4枚になったらポットに仮植する。日除け雨除けをした涼しい場所で育苗する。

定植

朝夕が涼しくなる秋口になってから定植します。鉢植え用の品種は4~5号鉢に、「うぐいすシリーズ」などの花壇用品種は花壇やプランターに定植します。
北風の直接当たらない場所で栽培すると、冬のうちに咲き始め、長く楽しめます。花壇用の植えつけ間隔は15~20cm。

病害虫

病虫害の少ない草花ですが、古い枯れ葉をそのままにしておくと、灰色かび病(ボトリチス病)が発生します。枯れ葉や傷んだ葉を早めに取り除く手入れを行うようにします。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.