タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(花)

野菜

50音順で探す

デルフィニューム

難易度
  • 春まき
  • 秋まき
  • 地植え
  • 鉢植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Delphinium hybridum hort.
  • 和名/別名ヒエンソウ
  • 英名Delphinium
  • 原産地/生産地ヨーロッパ、シベリア、北米、イラン
  • 分類キンポウゲ科デルフィニウム属
  • 発芽地温15~20℃

生育条件

  • 用途花壇、鉢植え、切り花
  • 日当たり日なた
  • 耐寒性

栽培管理

  • 地植え適所・土質日当たり、水はけのよい場所が適地で、有機質に富む土地を好む
  • 植えつけ大型の草花なので十分株間を取って植えつけ

栽培暦(関東標準)

※寒地・寒冷地の春まきは、発芽温度を確保するため、屋内やフレーム内でタネまきをしましょう
※上記の区分は目安です。実際の栽培地の条件により異なる場合があります

デルフィニュームとは

ブルーや薄いピンクの花色が涼しげな印象のデルフィニュームは、イングリッシュガーデンでは定番の人気の草花です。豪華な花姿は存在感があり、切り花としても楽しめます。

タネまき

発芽適温15~20℃、寒地、寒冷地では春まき、暖地、温暖地では秋まきで育てます。タネは暗発芽種子なので、タネが隠れるように覆土します。箱か鉢に筋まきかばらまきします。
発芽日数が10~14日と、少し長くかかるので、水を切らさないように注意して管理します。

暗発芽種子なのでしっかり覆土し、新聞紙をかけておく

育苗

発芽したらよく日に当てます。苗が大きくなってからの移植を嫌うため、本葉2~3枚の小苗のうちにポットに移し替えて育苗します。
植えつけ後2週間くらいしたら、週に1度液肥を与え、しっかりした苗に育てます。

密に生えたところは間引き、本葉2~3枚のうちに仮植えする。双葉が土中に入らないよう注意する

定植

寒さに非常に強い植物ですが、定植が遅れると霜柱で持ち上げられ、枯れることがあるので注意します。
日当たり、水はけのよい場所が適地で、有機質に富む土地を好むので、堆肥、腐葉土を多めにすき込み、土ごしらえをします。
過湿を嫌うため、床土を少し盛り上げるか、高畝にして植えつけます。大型の草花なので十分株間を取って植えつけます。

病害虫

うどんこ病と立枯病、どちらも高温期に発生するので、うどんこ病は殺菌剤を早めにかけ、立枯病は抜き取ります。
害虫はまれにガの幼虫が葉や茎を食害するので、殺虫剤で駆除します。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.