タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(野菜)

野菜

50音順で探す

シュンギク

難易度
  • 春まき
  • 秋まき
  • 地植え
  • 鉢植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Chrysanthemum coronarium L.
  • 和名/別名シュンギク
  • 英名Garland chrysanthemum
  • 原産地/生産地地中海沿岸
  • 分類キク科キク属
  • 発芽地温20℃前後
  • 生育適温15~20℃

生育条件

  • 日当たり日なた
  • 土壌酸度弱酸性~中性

栽培管理

  • 植えつけ株間5~6cm

栽培暦(関東標準)

シュンギクとは

シュンギクはカルシウム、リン、鉄、カリウムやビタミンC、B1、B2が多く含まれ、特に、ビタミンA効力のあるカロテンはホウレンソウやコマツナより多く、食物繊維も豊富です。特有の香りと歯触りが好まれ、鍋物には欠かせません。また、和え物、おひたし、ごま和えなどの料理にも使え、大変便利な葉菜です。

シュンギクの品種には、葉幅が広く切れ込みが浅い大葉種、葉幅はやや広く切れ込みが多い中葉種、葉の切れ込みが深くて細かい小葉種があります。最も多く栽培されているのは中葉種ですが、この種には、側枝発生が旺盛で株ごと収穫する株張り型、側枝がよく伸びて摘み取り収穫に向く立性型、そして中間型があります。関西は大葉種、関東は中葉種が好まれています。また、最近、アクが少なくサラダなどで食べられる品種も開発されています。

ポイント

冷涼な気候を好み、生育適温は15~20℃で秋まき栽培が最も適していますが、暑さ、寒さには比較的強く、本葉が出ていれば0℃以下でも枯れずに越冬します。ただし、春の高温・長日でトウ立ちし開花するので、トウ立ちしにくい品種を選びましょう。酸性土壌に弱いので、苦土石灰をきちんと施してpHを調整しましょう。また土の乾燥にも弱いので、こまめに水やりをしましょう。

畑の準備

タネまきの2週間以上前に苦土石灰を施して耕し、1週間前に堆肥と元肥を施してよく耕して畝を作ります。発芽をよくするために、畝の表面から5cmくらいの深さまでのゴロ土や石ころを取り除き、土を細かく砕いてから、畝面全体を平らにし、板などで鎮圧しておきます。

〈POINT〉 シュンギクは酸性を嫌う!

1平方メートル当たり、苦土石灰は3握り(約150g)、堆肥は約3kg、元肥は化成肥料(N:P:K=8:8:8)を2握り(約100g)とします。タネまき当日にたっぷりと水やりします。

タネまき・発芽までの管理

タネまきは畑に溝を作り、スジまきします。覆土はシュンギクは好光性(発芽に光が必要)なのでわずかにタネが見えるくらい薄めにして、表面を軽く押さえます。水やりは、まいたタネが動かないよう静かに行います。タネまき後は乾燥防止のため、切りワラなどをかけておくとよいでしょう。

〈POINT〉 発芽まで乾燥させないように!

発芽をそろえるために、タネまきの前にタネを一晩水に浸しておくのもよいでしょう。まき溝の間隔(条間)は15cm程度とします。タネまき後、5日~1週間で発芽します。

切りワラ、または新聞紙をかける(風で飛ばされないように注意する)

間引き、追肥など、収穫までの栽培管理

最初は、本葉1~2枚の時に込み合ったところを間引き、株間2~3cmにします。次は、本葉4~5枚の時株間を5~6cmにします。この時追肥し、土寄せします。株ごと収穫型品種の間引きはここまでとします。摘み取り型品種は、この後、株間を10~15cmになるまで間引きしながら収穫します。

〈POINT〉 摘み取り型品種の株間は広く!

摘み取り型品種の株間は広くとることがポイントです。また、間引き時の追肥量は化成肥料(N:P:K=8:8:8)を1平方メートル当たり軽く1握り(約30g)とします。

病虫害

病害の発生は少ない方ですが、べと病、炭そ病は湿度が高い時に発生しやすいので、水はけをよくしたり、できるだけ早く薬剤散布で防除します。害虫では、春はアブラムシ、スリップスが、秋はヨトウムシ、ネキリムシが発生しやすいので、早めの防除をしましょう。

〈POINT〉 多湿にならないように!

株が込み合って多湿にならないようにするため、間引きが重要です。収穫も早めにしましょう。

収穫

株ごと収穫型品種は、本葉7~8枚、草丈20cmほどになったら根をつけたまま収穫し、後で株元を切ります。摘み取り収穫型品種は、本葉10枚ほどになったら下葉を3~4枚残して上の葉を摘み取ります。わき芽が伸びてきたら下葉を2枚ほど残して摘み取ります。

〈POINT〉 収穫は早めに!

収穫はハサミを用いるとよいでしょう。茎は細いものの方がやわらかく料理に向くので、収穫は早めにしましょう。春まきはトウ立ち前、草丈が20cmくらいには株ごと抜き取って収穫してください。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.