タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(野菜)

野菜

50音順で探す

スイカ

難易度
  • 春まき
  • 地植え
  • 鉢植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Citrullus lanatus(Thunb.)Matsum. et Nakai
  • 和名/別名スイカ
  • 英名Watermelon
  • 原産地/生産地南アフリカ(カラハリ砂漠)
  • 分類ウリ科スイカ属
  • 発芽地温25~30℃
  • 生育適温25℃前後

生育条件

  • 日当たり日なた
  • 土壌酸度中酸性~中性

栽培管理

  • 植えつけ株間1~1.5m

栽培暦(関東標準)

スイカとは

スイカには、果糖やブトウ糖などの糖質が多く含まれていて、疲労回復によく、暑い日に冷やしたスイカの味は格別です。また、ビタミンA、B1、B2、Cなどが含まれ、スイカは量が採れるので、栄養補給になります。果肉の赤色は、リコピンとカロテンによります。カリウム、マグネシウムなどが多いアルカリ性食品です。

大きさは大玉・小玉、形には球形・楕円形、外皮には縞模様のもの・縞なしのもの、地色には緑・黒色・黄色のもの、果肉の色には赤・黄があり、珍しくは白色(奈良漬け用)があるなど、多種多様な品種がありますが、主流は大玉・球形・縞模様・赤肉です。日本の技術で開発されたタネなしスイカは日本ではあまり普及していません。また、タネが大きく、炒って味つけしたものを食べる種子食用種もあります。

ポイント

スイカは高い気温と強い光を好む野菜で、日当たりがよい畑でよく育ちます。土壌はあまり選びませんが、水はけがよいことが条件です。施肥では元肥のチッ素が多いとツルができすぎて着果が悪くなるので、元肥のチッ素は控えめにします。連作すると土壌病害のつる割病が発生しやすくなるので、4~5年の輪作をするか、接ぎ木栽培にします。

タネまき・間引きなど育苗管理

タネまきは、ポット(9~12cm)まきとします。直径4~5cm、深さ1cmくらいの穴を掘り、3~4粒をまいて土をかぶせ、手で軽く押さえて水やりします。発芽後、本葉1~2枚の時に2本に間引きし、本葉2~3枚で1本立ちにします。

〈POINT〉 確実な発芽には保温を!

発芽までは25~30℃になるよう保温します。4日ほどで発芽します。定植適期苗は本葉4~5枚(タネまき後40~45日程度)です。

畑の準備~定植または直まきまで

定植2週間以上前に苦土石灰を施して耕します。1週間前に畝内の定植場所に堆肥と元肥を散布して耕し、床を作り、黒のポリマルチをしておきます。定植は根鉢をくずさないように浅植えにし、水やりします。この時、晩霜のおそれがある時はホットキャップを被せて保温します。

〈POINT〉 活着までは十分な保温を!

苦土石灰は1平方メートル当たり2握り(約100g)、1穴(40cm四方、深さ30cm)当たり堆肥は約2kg、元肥は化成肥料(N:P:K=8:8:8)を1握り(約50g)とします。ポリマルチは保温と雑草抑えのために有効です。晩霜のおそれがなくなったらホットキャップははずします。

整枝、着果、追肥などの栽培管理

親づるは本葉5~6枚で摘芯し、第1節の子づるは摘除し、他の子づるを4本残します。子づるの生長に合わせてワラを敷き、絡みあわないように配置します。第2雌花までの孫づるは摘み取ります。各子づるの第2雌花が開花したら人工授粉し、着果が卵大の時、長卵形のものを2果残します。追肥は子づるが50cmくらいに伸びた頃と果実が卵大になった頃の2回行います。

〈POINT〉 確実な着果のため人工授粉を!

第1の雌花は6~8節につき、その後、7~8節ごとに第2、第3の雌花がつきます。雌花が開花する朝9時頃までに人工授粉を行い、日付けを書いたラベルをつけます。第1や第3着果は通常、変形果になりやすいので摘除します。追肥量は、1回1株当たり1握り(約50g)とします。

病虫害

病害では、果実の肥大中に急にしおれて最後には枯れてしまう「つる割病」に最も注意が必要です。そのほかには、つる枯病、べと病が発生します。害虫はアブラムシ、ハダニによる被害が大きいので早めに防除をします。

〈POINT〉 つる割病が出たら抜き取り処分!

つる割病が発生したら、治すことができないので抜き取って処分します。その後4~5年はスイカを栽培しないようにします。なお、この病害はユウガオ台木などへの接ぎ木で回避できます。

収穫

開花後30日過ぎに、それまで日陰であった方を日が当たるように置き直し(玉直し)をします。大玉系の収穫まで日数は開花後45~50日、小玉系は35~40日が目安です。収穫まで日数は品種で異なるので、タネ袋などで確認してください。

〈POINT〉 収穫の目安は開花からの日数で!

開花日ラベルがない時の収穫の目安は、果実では手のひらでたたくと鈍い音がする、着果節の巻きひげが半分枯れる、などがあります。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.