タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

園芸用語集

つぎき接ぎ木

【意味】
土壌病害を防ぐため、寒さに強くするため、収量を上げるために地上部となる穂木と地下で根となる台木の茎をつなぎ合せることです。病気に強く、生育旺盛な品種を台木にします。主にトマト、キュウリ、ナス、スイカなど果菜類や果樹の栽培に用いられます。

【使用例】
「接木苗は病気に強くて生育旺盛だから、育てやすくてお勧めだよ」

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.