タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

園芸用語集

けんこうせいしゅし嫌光性種子

【意味】
発芽に光を必要としない植物のタネのことです。ほとんどの植物は、発芽に光が必要なく、タネまき後はタネの上に細かい土を掛けます。
「嫌光性種子」の反対語は「好光性種子」です。

【使用例】
「このタネ、嫌光性種子だから、タネをまいたら土をしっかり掛けないとね」

【豆知識】
嫌光性種子をまいたときの掛ける土の厚さは一般的にタネの大きさの約2~3倍が目安になります。発芽するまではタネをまいた土を乾かさないように水やりに注意します。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.